2015年7月24日
  
第5回極域珪藻ワークショップに参加するため,スペインに行ってきた ⇒ 加藤悠爾君(D1)がポスター賞を受賞しました!

あれは今から約半年前

2年ごとに各国で開催される極域珪藻ワークショップの連絡が…

加藤君を送り込みたい
お金はあることはあるけれど,
名大には学生が海外での活動を支援するための
学生研究活動支援事業
というものもある

ということで,応募させてみた
(決して指導教官がケチったわけではない!)

見事に採用され,
しかも学会側から参加費と宿泊費の支援までしてもらえることになり,
食費以外は
ほぼ自腹を切らずに参加できることに!

というわけで,行ってみた
須藤にとっては初めての学生との国際学会への参加




行ったのはこんな街


スペインはサラマンカ市


街全体が世界遺産


会場は世界最古の大学,サラマンカ大学



まずは腹ごしらえ


スペインと言えばパエリア


そして,
肉1kg


景気づけにいっとけ!!






という効果があってか,大きな声で台本なしに見事なポスター発表

ポスターの前で概要を説明する加藤君



肉の成果




最終日に
Best Antarctic Student賞を受賞!!

南極関連の発表をした最優秀学生に送られる賞です!


初めての国際学会での発表に関わらず,
台本を読み上げることもせず,
つたない英語ながら堂々と発表をしました

須藤の時とは大違いです…


賞品に珪藻の本を頂きました
研究科のページ

おめでとう!!


あ,もちろん,須藤も発表しましたよ
30分以上の口頭発表と
顕微鏡観察スライドを参加者全員に配って観察・説明1時間の長丁場でした
学生の前で英語で発表する辛さといったら…





みんなも加藤君に続け!!!




TOP PAGEに戻る