林誠司のホームページ

生圏トップページ
地質系トップページ
名古屋大学博物館
環境学研究科
名古屋大学

研究業績


著書

林誠司 (2011) 貝ひろいで楽しむ生物多様性 ―干潟の掃除屋アラムシロの話題を中心に―. 名古屋大学大学院環境学研究科しんきん環境事業イノベーション寄附講座編「地球からのおくりもの〜生物多様性を理解するために〜」,図書出版風媒社,pp.93−104.


論文

香取祥人・坂田健・林誠司・久保弘文 (2016) 東アジア地域に生息するアラムシロNassarius festivusの分子系統学的研究.御所浦白亜紀資料館報, no.17, 15-20.

林誠司・香取祥人・花木勇太・西松弘喜・金山晃大・井上恵介・有馬達也・林茂子 (2015) アサリとアラムシロを用いた干潟の浄化機能を実感させる学童保育プログラム ―うみをきれいにするかいたち―.環境教育 vol.25, 90-97.

木村昭一・早瀬善正・河辺訓受・矢橋真・林誠司・河合秀高 (2015) 鳥羽市麻倉島のヒザラガイ類相(観察調査会報告).かきつばた,40号, 17-22.

Sato, K., Minakawa, T., Kato, T., Maki, K., Iwano, H., Hirata, T., Hayashi, S. and Suzuki, K. (2014) Behavior of rare elements in Late Cretaceous pegmatites from the Setouchi Province, Inner Zone of Southwest Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, vol.109, 28-33.

伊藤由喜・林誠司・山本鋼志 (2013) 二枚貝(オキシジミ)各組織の金属元素蓄積特性 ―生物を用いた金属元素汚染指標の確立に向けて―. 地球化学 vol.47, 71-87.

早瀬善正・木村昭一・河辺訓受・矢橋真・守谷茂樹・西浩孝・川瀬基弘・林誠司・上島励・繻エ康裕 (2011) 岐阜県養老町桜井における陸産貝類調査報告.かきつばた,36号, 24-34.

Wallis, S., Nakamura, T., Mori, H., Ozawa, K., Mitsuishi, M., Shirakawa, C. and Hayashi, S. (2011) 14C dating of tufa deposits around Lake NamCo, Tibet. Summaries of Researches at Nagoya University Using AMS, v.XXII, 174-179.

Hayashi, S. (2005) The molecular phylogeny of the Buccinidae (Caenogastropoda: Neogastropoda) as inferred from the complete mitochondrial 16S rRNA gene sequences of selected representatives. Molluscan Research, vol.25, 85-98. [Fulltext]

小澤智生・林誠司・遠藤守・熊谷毅 (2001) 分子系統学的にみた日本の海生軟体動物群の起源. 生物科学,53巻3号, 144-147.

Ozawa, T., Endo, M., Hayashi, S., Tanaka, K., Kurosawa, Y., Keonouchanh, S., Dara, B.S., Phouthavongs, K., Bouahom, B. and Namikawa, T. (2000) Molecular phylogenetic analysis of the wild boars and native domestic pigs in Laos. Report of the Society for researches on native livestock, No.18, 149-158.

Yang, Q., Ozawa, T., Hayashi, S. and Wang, B. (1999) Extraction, PCR amplification and cloning of aDNA from human remains of the Warring states (475-221 B.C.). Palaeoworld, No.12, 13-24.

Nozawa, H., Yamamoto, T., Uchihi, R., Yoshimoto, T., Tamaki, K., Hayashi, S., Ozawa,T. and Katsumata, Y. (1999) Purification of nuclear DNA from single hair shafts for DNA analysis in forensic sciences.  Legal Medicine, Vol.1, 61-67.

Ozawa, T., Hayashi, S. and Mikhelson, V.M.  (1997) Phylogenetic position of mammoth and Steller's seacow within Tethyteria demonstrated by mitochondrial DNA sequences. Journal of Molecular Evolution, vol.44, 406-413.

Hayashi, S., Hayasaka, K., Takenaka, O. and Horai, S. (1995) Molecular phylogeny of gibbons inferred from mitochondrial DNA sequences: preliminary report. Journal of Molecular Evolution, vol.41, 359-365.

Horai, S., Kondo, R., Nakagawa-Hattori, Y., Hayashi, S., Sonoda, S. and Tajima, K. (1993) Peopling of the Americas, founded by four majour lineages of mitochondrial DNA. Molecular Biology and Evolution, vol.10, 23-47.

Horai, S., Satta, Y., Hayasaka,K., Kondo, R., Inoue, T., Ishida,T., Hayashi, S. and Takahata, N. (1992) Man's place in Hominoidea revealed by mitochondrial DNA genealogy. Journal of Molecular Evolution, vol.35, 32-43.

Horai, S., Kondo, R., Murayama, K., Hayashi, S., Koike, H. and Nakai, N. (1991) Phylogenetic affiliation of ancient and contemporary humans inferred from mitochondrial DNA. Philosophical Transactions of the Royal Society of London, Ser.B, vol.333, 409-417.



報告書

林誠司・氏原温 (2013) 元寇沈没船周辺から得られた貝類及び船体付着貝類からみた当時の古環境と船の来歴.名古屋大学加速器質量分析計業績報告書,XXIV, 97-101.

中村俊夫・林誠司・山田哲也・植田直見・松尾昭子 (2013) 長崎県鷹島沖海底から採取された元寇関連資料の14C年代ー船材付着貝殻類とその他の遺物ー.名古屋大学加速器質量分析計業績報告書,XXIV, 102-112.

林 誠司 (2012) 被災地レポート震災半年後の陸前高田 〜人・まち・海・博物館〜.In: 名古屋大学環境学研究科編「名古屋大学環境学研究科教員の見た東日本大震災」, 3-16.


その他

林 誠司 (2010) ナチュラリストにとっての生物多様性.環(KWAN), no.19, 7.

小澤 智生・林 誠司 (1995) ゾウをめぐる話題ー分子を中心にみたゾウ類の系統進化.日経サイエンス, 1995年10月号, 40-44.

小澤 智生・林 誠司・加藤 研 (1994) 古生物の遺伝子を探る.名古屋大学アイソトープ総合センター紀要, vol.16, 6-7.

小澤 智生・林 誠司 (1994) 化石のDNAからみたマンモスの系統的位置. 遺伝, 48巻6号, 4-5.


学会発表
(本人)

林誠司・坂田健・井上恵介・橋口美和・米田聖子・足立明美・安田久子・舘野穂奈美(poster)
「種内の多様性」を実感させる理科・環境教育〜干潟の巻貝アラムシロを素材とする野外教育プログラムの検討〜
日本生物教育学会第100回全国大会(東京)2016/01/11

林誠司・香取祥人・花木勇太・西松弘喜・金山晃大・有馬達也・林 茂子(oral)
アサリとアラムシロを用いた干潟の浄化機能を実感させる学童保育プログラム「うみをきれいにするかいたち」
日本環境教育学会25回大会 (東京)2014/08/02

Seiji Hayashi, Ken Sakata and Yoshito Kandori (poster)
Geographic variation in shell colour polymorphism in Nassarius festivus (Neogastropoda: Nassariidae) ―implications for global warming and biodiversity.
International Symposium on Biodiversity Sciences -Genome, Evolution and Environment. Nagoya, (Japan), 2 August, 2010

林誠司 ・今泉圭太(oral)
アラムシロの形態変異に関する研究展望 (Perspectives on studies of morphological variation in Reticunassa festiva (Neogastropoda: Nassariidae))
日本古生物学会2008年年会 (仙台)2008/07/05

今泉圭太・林誠司(oral)
ムシロガイ科の個体発生における殻口周辺装飾の変化(Ontogenetic change in the extent of apertural ornamentation in nassariids)
日本貝類学会平成20年度大会 (創立80周年記念大会,東京) 2008/04/13

Seiji Hayashi (oral)
A molecular phylogeny of the Buccinidae ―a southern and a northern connection―.
16th World Congress of Malacology 2007(Antwerp, Belgium), 16 July, 2007

林誠司(oral)
エゾバイ科の初期放散過程の解明における化石記録の重要性(The significance of the fossil record in elucidating the initial radiation of Buccinidae)
日本古生物学会2007年年会 (大阪)2007/07/1

林誠司(oral)
分子からみたエゾバイ科内の高次単系統群 (Higher clades within the Buccinidae ―a molecular perspective)
日本貝類学会平成19年度大会(豊橋)2007/04/21

林誠司(oral)
エゾバイ科をめぐる系統学的問題
日本古生物学会2004年年会 (北九州) 2004/06/26

(共著者として)

花木勇太・香取祥人・林誠司・木村昭一 (oral)
ミトコンドリアDNAによるクロスジムシロ種群の予察的系統解析(A preliminary phylogenetic analysis of H. fratercula species group by mitochondrial DNA sequences)
日本貝類学会平成25年度大会 (豊橋市自然史博物館) 2013/04/20

有馬達也・林誠司 (poster)
楕円フーリエ解析を用いた現生および化石 Ruditapes 属の形態解析と進化的変遷の予察的考察(Elliptic Fourier analysis for Recent and fossil Ruditapes (Bivalvia: Veneridae) with a preliminary consideration of their evolutionary change)
日本地質学会第119年学術大会 (大阪府立大学)2012/09/17

香取祥人・林誠司 (poster)
核およびミトコンドリアDNAを用いた東アジア地域におけるオリイレヨフバイ科の進化史の研究(A study of macroevolutionary history of the Nassariidae (Gastropoda: Caenogastropoda) in EastAsia with nuclear and mitochondrial DNA)
日本古生物学会2012年年会 (名古屋大学)2012/06/30

有馬達也・林誠司 (poster)
幾何学的形態測定学的手法を用いた日本産現生および化石 Ruditapes属の形態解析 (A shape analysis of Recent and fossil Ruditapes (Bivalvia: Veneridae) with a geometric morphometric technique)
日本古生物学会2012年年会 (名古屋大学)2012/06/30

有馬達也・林誠司 (poster)
日本産現生および化石アサリ属にみられる殻形態差の再検討 (A reappraisal of shell shape differeneces of Recent and fossil Ruditapes (Bivalvia: Veneridae) in Japan)
日本貝類学会24年度大会 (東京家政大学) 2012/04/14

香取祥人・坂田健・林誠司・久保弘文 (poster)
アラムシロ Nassarius festivus の分子系統地理‐古地理と分散過程との関係から.
(Molecular phylogeography of Nassarius festivus (Powys,1835) -implications for paleogeography and dispersal process)
日本ベントス・日本プランクトン学会合同大会 2011年度大会 (高知大学) 2011/09/18

香取祥人・坂田健・林誠司・久保弘文 (poster)
アラムシロNassarius festivusの分子系統地理学的研究 (Molecular phylogeographic study of the scavenging mudsnail Nassarius festivus (Powys,1835))
日本貝類学会23年度大会 (九州大学) 2011/04/17

坂田健 ・香取祥人・林誠司 (poster)
アラムシロにおける殻色多型の地理的変異(Geographic variation in color polymorphisms of Nassarius festivus (Powys,1835))
日本貝類学会22年度大会 (名古屋大学) 2010/04/11