宇宙環境での物質の構造と進化に関する研究

 温度,密度および輻射などの条件が極端に異なる宇宙環境において,生命の誕生に深く関わる有機物質や,地球表層に身近にみられる珪酸塩鉱物は,どのような形で存在し,進化し,そして我々の地球の過去・現在および未来とどう関わりをもつのだろうか.
  
  近年,望遠鏡による観測手法の進歩にともない,暗黒星雲、星形成領域,原始惑星系星雲や晩期型星周辺部など,様々な宇宙環境での物質進化の描像を,様々な波長の電磁波による分子やダストの”その場観察”によって得ることが可能になってきた.

 本研究室では,これらの極端条件下におかれた物質の電磁波との相互作用について,新しい手法の開発にも深く関わりつつ,分光学に基づいた天体観測及びシミュレーション実験の双方の深い連関のもとに,研究を進めている.




星間化学についてのショートレビュー(月刊「化学」'09年8月号掲載) (New)
Return to Top Page