GCL

地球化学講座 Geochemistry & Cosmochemistry Laboratory



Member

淺原 良浩(ASAHARA Yoshihiro)

  • 研究紹介

     SrやNd,Hfなどの放射壊変系の同位体を利用し,「過去」と「現在」の地球表層の環境変動解析を行っています.これらの放射壊変系同位体は,地球上の物質循環を探るための極めて有効なトレーサー(追跡子)です.

     現在,海洋堆積物中の同位体分析をし,過去数十年〜数百万年の太平洋や北極海,南太洋の古海洋循環,さらにその周辺大陸の古環境の復元を進めています.ここで得られた古環境情報は,他の様々な古環境解析データと合わせることにより,現在の地球環境の理解,また将来の地球環境の予測に重要な役割を果たします.

     また,同位体を利用した陸上堆積岩の形成環境の推定,河川水・河川堆積物の同位体を用いた地表の環境動態解析,地下水の同位体を利用した地下環境の研究,などを行う一方,高精度同位体分析法の開発や,これらの同位体トレーサーの地球科学・環境科学への新たな利用法の開発も進めています.

  • 専門分野
    地球化学,海洋化学
  • 所属学会
    日本地球化学会,日本海洋学会

PageTop


Copyright 2004-2010, 2011 Geochemistry & Cosmochemistry Lab. All Rights Reserved.