地球規模課題対応国際科学技術協力事業

防災分野「開発途上国のニーズを踏まえた防災科学技術」
コロンビアにおける地震・津波・火山災害の軽減技術に関する研究開発


コロンビアにおける地震・津波・火山災害の軽減技術に関する研究開発

NEWS

                           
2017年9月7日
ボゴタ市近隣地域にて活断層の調査を実施しました。  
2017年9月6日
第3回合同調整会議を開催しました。  
2017年8月31日〜9月1日
エクアドル地球物理研究所よりWilson Acero氏がコロンビアに派遣されました。  
2017年8月29日〜9月15日
名古屋大学・東京工業大学・東北大学・広島大学・防災科学技術研究所から専門家13名がコロンビアに派遣されました。  
2017年4月5日      
エクアドル・コロンビア沈み込み帯における新たな大地震発生モデルを提案(日本語英語
2017年3月14日〜3月16日
エクアドルのキト市にて国際ワークショップが行われました。            
2017年3月9日〜3月21日
東京工業大学・広島大学・千葉大学・防災科学技術研究所から専門家6名がコロンビアに派遣されました。    
2017年3月1日〜3月12日
名古屋大学から3名がコロンビアに派遣されました。    
2016年11月18日〜12月4日
ボゴタ市危機管理局研究員Libardoさんが東京工業大学と広島大学で研修を行いました。    
2016年11月17日〜11月22日
名古屋大学の鷺谷教授がコロンビアに派遣されました。     
2016年8月25日
8/12に行われた合同調整会議の記事が、ボゴタ市危機管理局のHPに掲載されました。     
2016年8月1日〜8月20日
名古屋大学・東京大学・東北大学・千葉大学・広島大学・建築研究所・防災科学技術研究所から専門家13名がコロンビアに派遣されました。  
2016年7月14日
本プロジェクトの活動が「ODA見える化サイト」で紹介されました。        
2016年6月28日
ボゴタ危機管理庁(IDIGER)において機材供与式が行われました。       
2016年4月19日
エクアドルで2016年4月16日に発生した地震の解析結果
2016年3月5日〜3月10日
建築研究所から専門家(藤井雄士郎主任研究員)がコロンビアに派遣されました。
2016年2月28日〜3月13日
名古屋大学から専門家(熊谷博之教授、伊藤武男講師、前田裕太助教、吉本昌弘研究員)がコロンビアに派遣されました。
2015年11月15日
越村俊一教授(東北大学)の現地での活動がコロンビア国立大学のホームページで紹介されました。
2014年9月23日〜10月5日
コロンビア現地調査を行いました。
2014年8月26日
全体会議を開催しました。

LINKS