• ここにバナーが入ります。
  • ここにバナーが入ります。
  • ここにバナーが入ります。

新着情報

2019.10.9
地球惑星ダイナミクス講座M2の中込広大さん学生優秀発表賞を受賞!
2019.9.30
「地球環境科学と私」第十六回は地球惑星物理学講座 桂木洋光さんによる ジャーナル・スタンプラリー です.
2019.9.8
「地球環境科学と私」第十五回は地球惑星物理学講座D2 田口貴美子さんによる 火山研究に携わるようになって得られたこと です.
2019.9.2
「地球環境システム学講座平成30年度修了生の和田竜征君、博士後期課程2年土居龍成君らによる論文が国際誌Plant and Soilに掲載されました.
2019.7.24
「地球環境科学と私」第十四回は大気水圏科学講座教授 須藤健悟さんによる モデルシミュレーションで漂う理学と工学のハザマ です.
2019.7.17
「地球環境科学と私」第十三回は地球環境システム学講座教授 山口靖さんによる ASTER打ち上げ20周年に想う です.
2019.6.7
「地球環境科学と私」第十二回は地球環境システム学講座D2 土居龍成さんによる 研究との出会い です.
2019.6.6
地球化学講座M2の齊藤天晴さんらによる研究がAstrophysical Journal誌に掲載されました
2019.6.4
「地球環境科学と私」第十一回は地球惑星ダイナミクス講座教授 鷺谷威さんによる 国土地理院と多田さん です.
2019.6.3
地球惑星物理学講座の田口貴美子さんが日本火山学会学生優秀論文賞を受賞しました
2019.5.17
2019年度学外セミナーのページがオープンしました
2019.4.16
「生態学講座「単位にならないシリーズ」を開講します
2019.4.12
「地球環境科学と私」第十回は大気水圏科学講座教授 中塚武さんによる「歴史」を巡る長い旅路の果てに です.
2019.4.5
地球環境システム学講座2018年度修了生の和田竜征さんが第130回日本森林学会学生ポスター賞を受賞
2019.3.19
地球惑星物理学講座教授,渡邊誠一郎はやぶさ2プロジェクトサイエンティストらによる論文がScience誌に掲載

私たちが目指す地球惑星科学

地球は,我々人類にとってかけがえのない生活の場であり,我々人類も地球のたどってきた長い歴史の必然的産物として誕生しました.この地球という第一級の対象を諸惑星との比較において研究するのが地球惑星科学です.地球惑星科学は,対象とする地球及び諸惑星の過去・現在・未来の状態を解明するために,あらゆる手段を動員します.

地球や諸惑星における現象は,実験室では再現できないほど大きな時間的・空間的広がりをもち,複雑に入り込んでいますが,基本的には物理学や化学の一般法則に大きく支配されています.このような基礎的学問をふまえて,グローバルな視野に立ち,調査・観測・実験・理論などの手段を動員して,普遍的法則を見いだすことが重要となります.これらをふまえて,地球惑星科学科の教育は,かけがえのない地球の未来とそれに関わる人類の発展に貢献できる人材の育成を目指しています.

リンク

名古屋大学 NAGOYA UNIVERSITY

名古屋大学大学院 環境学研究科

名古屋大学理学部

大気水圏科学系

名球会

名大地球ツイッター

名大地球Facebook